救急救命士学科

Emergency Medical Technician

職業実践専門課程
3年制

日本初

救急医療の最前線

命を救う。

Emergency Medical Technician

突然の病気や事故でケガを負った傷病者に対し、 症状の悪化や生命の危機を回避する適切な処置を救急現場や救急車内で行い、 病院へ搬送するのが救急救命士の仕事。 北海道ハイテクは、日本初の救急救命士養成学科。全道の消防本部58カ所中57カ所でハイテク卒業生が活躍しています。

学科の先生がYouTubeで生配信!

救急救命士学科の先生が教える学科の魅力!(YouTubeライブ 生放送アーカイブ版)

学科の特徴 FEATURE

Vision

自らビジョンを描ける救急救命士になる

「人を助ける」ビジョンを自ら描くことで、挑戦、成長し続ける救急救命士を目指します。

日本初の救急救命士養成学科。道内の救急救命士の73%以上がハイテク卒業生

今、北海道で活躍している救急救命士のうち、73%以上を本校の卒業生が占めています。全道58カ所の消防本部がある中、57カ所にハイテク卒業生がいるので、実習中も就職してからも現場には心強い先輩がいるから安心です。

積み上げてきた圧倒的実績

1991年4月の「救急救命士法」成立により、翌92年春に救急救命士の国家資格が誕生しました。ハイテクで救急救命士の養成をスタートしたのも1992年。日本初の救急救命士養成学科になります。

全道の消防本部58カ所57カ所に卒業生が就職!

道内の73%がハイテク卒業生!

ハイテク卒業生数
1,800
北海道内救急救命士有資格者
2,441

消防、救命士を目指す方必見!だからハイテクで学びたい!救急救命士学科徽章授与式

救急救命士学科の徽章授与式では実習に向かう決意を固めると同時に、今までの学びを発表する場です。たくさんの保護者の方にもお越し頂きます。在校生、教員のインタビューにも注目です。

卒業生を通して見る、業界からの信頼とハイテク救急救命士学科の魅力 

北広島市消防本部様が全面協力!実際に働く卒業生のシーンを撮影。日本初の救急救命士養成校として卒業生が繋げる実績と信頼を動画でご覧下さい。

現役で活躍するOB・OGが講師!即戦力を育てる活きた指導!

たくさんの救急救命士を現場へ送り出しているハイテクでは、現役救急救命士のOB・OGを講師に迎えています。現場の貴重な体験談を聞ける他、在学中から就職までのすべてのことを相談できます。

全道の消防本部58カ所57カ所に卒業生が就職!

いま北海道で活躍している救急救命士のうち、73%以上がハイテク卒業生。どの現場にも先輩がいるので安心です。

ハイテクならではの卒業生ネットワーク現役消防士が現場のリアルを伝授!

現場で活躍する卒業生がハイテクに来校し、在校生に指導。いま現場で起きていることをリアルに感じることで、将来像を描きやすくなります。

ドローン操作ができる救急救命士の養成がスタート!

ドローン専攻があるハイテクでは、救急救命士学科でもドローン操作を本格的に学びます。多くの卒業生が活躍している業界からの声を聞き、消防、救急現場で求められている新しいスキルを習得します。

消防庁が推進。ドローンの防災利用

2016年の熊本地震以来、複数の消防本部においてドローンが捜索救助活動に利用されており、今後さらに活用の場が広がると予想されています。

恵庭市消防本部で災害医療に対応すべく「ドローン」を導入

恵庭市消防本部では、行方不明者の捜索や火事現場での状況把握などを想定し、ドローンの活用に取り組んでいます。 2018年9月の胆振東部地震においても消防本部上空にドローンを飛ばし、火事の発生がないか等の調査を行いました。 現在恵庭市消防本部から6名がハイテクの授業でドローン操作を学んでいます。 市民の安心・安全のためにハイテクと連携した、救急現場でのドローン活用を展開していきます。

恵庭市消防本部 警防課 消防士 加藤 悠紀さん (本校 H26.3月卒業)北海道士別翔雲高校卒業

救急救命士学科の公務員特待減免制度
特典 初年度授業料より200,000円が減免+一般入試の小論文免除(面接のみで受験可能)
対象学科 救急救命士学科
応募資格 公務員採用試験の一次試験に合格した方
申込方法

出願で適用となります。

入学願書と一緒に、公務員一次試験合格通知などの証明書(コピー)を同封してください。

就職・資格 RECRUITMENT & LICENSE

就職率

100%

2019年3月卒業生実績

国家試験合格率

91.3%

2019年3月卒業生実績

一般知能・一般知識、英語、法学など315時間の豊富なカリキュラム。

充実した基礎分野・公務員試験対策で消防就職を目指す。

直近3年間の主な就職先(消防本部・署・所在地)

道内
恵庭市/北広島市/札幌市/江別市/小樽市/石狩市/当別町/新篠津村/千歳市/長沼町/由仁町/栗山町/安平町/厚真町/苫小牧市/白老町/登別市/日高町/平取町/新ひだか町/新冠町/浦河町/様似町/岩見沢市/月形町/余市町/岩内町/倶知安町/喜茂別町/ニセコ町/滝川市/赤平市/芦別市/深川市/幌加内町/美唄市/旭川市/士別市/名寄市/美深町/利尻町/留萌市/羽幌町/苫前町/小平町/美瑛町/愛別町/上富良野町/中富良野町/枝幸町/雄武町/遠軽町/北見市/網走市/大空町/美幌町/津別町/紋別市/滝上町/清水町/更別村/中札内村/豊頃町/帯広市/本別町/上士幌町/浦幌町/芽室町/音更町/足寄町/大樹町/斜里町/清里町/小清水町/森町/八雲町/北斗市/函館市/乙部町/せたな町/江差町/上ノ国町/奥尻町/釧路市/根室市/厚岸町/別海町/釧路町/標津町/弟子屈町
道外
東京都/さいたま市/横浜市/平塚市/池田市

働く場所

消防機関(公務員)

取得を目指す資格

救急救命士(国家資格)

主な授業 CLASS

シミュレーション実習

1年次に行われる実習では、一つひとつの手技を正確に迅速に行えるよう訓練をしていきます。

ドローン実習

ドローンの基本的な知識や操作を学びます。ドローン操作の資格を取得することも可能です。

救急車同乗実習

道内外の消防機関の協力を得て、実際に出動する救急車に同乗し、救急現場を学びます。

主な実習先

  • 【病院実習】北海道医療センター/北海道大学病院 他多数
  • 【救急車同乗実習(消防本部)】恵庭市/北広島市/苫小牧市/旭川市 他多数
実習時間

ハイテクの実習はどこよりも豊富!即戦力として現場で活躍できる!

ハイテク実習時間

1035時間

体育授業時間

体を動かす!鍛える!消防で活躍できる体力を養う!

ハイテク実習時間

180時間

その他にも経験を積める機会が多数!

  • 救急講習(恵み野西、恵み野南、恵み野北町内会/恵庭高校、北広島西高校/恵庭市長寿大学)
  • ノーザンホースパークマラソンAED隊
  • 北海道マラソンAED隊
  • 函館マラソンAED隊
  • 千歳JAL国際マラソン救護スタッフ

授業風景スペシャルムービー MOVIE

医療の最前線・救急救命士学科授業紹介動画:北海道ハイテク

多職種コラボで楽しい授業を展開!救急救命士×看護師のコラボ授業

「競い合って高める」―髙田慎悟君(救急救命士学科):北海道
ハイテクノロジー専門学校2013

リアルVOICE VOICE

在校生

「現場活動を通して学べる」

救急救命士学科

渡邉 明哉さん(北海道 遠軽高校出身)

北海道マラソンのAED隊として、運営のサポートや恵庭市学生消防サポーター参加など、地域とコラボレーションする現場の機会が豊富にあります。学内で学んだことをアウトプットできる場がたくさんあります。

「女性だからこそ活躍できる」

救急救命士学科

青山 瑠芳さん(秋田 十和田高校出身)

私がこの職業を目指したきっかけは、地元の消防本部に女性の救急救命士がいないと知り、それなら自分が一番になろうと思ったことです。女性が少ない職場だからこそ、男性には対処しづらい状況で活躍できると感じています。

卒業生

救急救命士学科 2008年卒業

石見沢地区消防事務組合石見沢消防署月形支署

荒木 暁子さん

駒澤大学付属苫小牧高校出身

この仕事の最大の魅力は、困っている人の力になれることです。いろいろなトラブルに直面しますが、ハイテクで学んだ知識や技術はどんな場面でも私の支えになっています。

救急救命士学科 2018年卒業

北広島市消防本部

上杉 真之介さん

旭川大学高校出身

人を助けることを仕事にしたいと思い、救急救命士になりました。ハイテクでの3年間は、自分の大きな成長を実感できた、人生の中で一番濃密な時間でした。

救急救命士学科 2016年卒業

美唄市消防本部

工藤 洸平さん

北海道 夕張高校出身

ハイテクは自分にとって、夢を現実に変えてくれた学校です。この仕事はやりがいがあるし、誰かのために働くことは自分の自信にもなるので、ぜひ目指してみてください。

経験豊富な教員陣 TEACHERS

「学生が自ら考える習慣を生み出す」

「なぜ?」を投げかけ、学生自らが考えることが重要。多くの救急救命士を輩出してきた本学科の教育にご期待ください。

井手 生朗先生(元 千歳市消防本部 勤務)

  • 救急救命士学科 学科長
  • JESA(全国救急救命士協議会)理事/認定教員
  • 担当授業:心肺停止、消化器官 など

「毎回の授業が真剣勝負」

実習機材、動画や写真を使い興味を沸かせ、「難しい」を「面白い」と思える授業を実践しています。

工藤 朝生先生(元 南空知消防組合長沼支署 勤務/2期生)

  • JPTECインストラクター
  • 担当授業:処置論Ⅰ・Ⅱ、ショック循環不全など

【救急救命士学科】たくさん経験することが大事!熱が伝わる池田先生の授業動画

「現場での失敗は許されない。だから今失敗を繰り返し学ぶ。」

慣れは失敗につながり、それは現場で起きてはならないこと。ハイテクの3年間で何千回と訓練を重ね、失敗を成功経験につなげる授業を心がけています。

池田 淳也先生(元 美唄市消防本部 勤務/12期生)

  • JPTECインストラクター、PMECインストラクター
  • 担当授業:シミュレーション、国家試験対策 など

「ハイテク卒業生だからわかる学生の想い」

学生と距離が近いのがハイテク救急救命士学科。笑いあり、悔し涙ありの熱い講義です。学生がつまづく箇所は私も通ってきたので、全力でサポートしていきます。

田口 勇人先生(元 石狩北部地区消防組合石狩消防署 勤務/15期生)

  • 担当授業:心臓血管、神経器官、一般外傷、国家試験対策 など

施設紹介 FACILITIES

救急車カットモデル

道内では本校が初めて導入。救急車内部を再現した、国内でも数台しかない貴重な訓練施設です。

救急救命シミュレーション実習室

学生100人が一度に入っても十分に訓練ができる大型の実習室。広いスペースを使ってさまざまな実習が行われます。