北海道ハイテクノロジー専門学校

デザイン・CG専攻DESIGN/CG

ITメディア学科

職業実践専門課程
3年制

様々な表現の手法・技術を学び

感動を生み出せるクリエイターになる

デッサンやデザインの基礎から、ポスター制作などのグラフィック、DTP技術、Premiere Proなどのソフトを使った動画編集技術まで、幅広いスキルを身につけます。第一線で活躍する講師陣からクリエイターとしての思考やアイデア、様々な表現手法やセンスを学ぶことができます。また、ハイテクは「プロジェクションマッピング」の技術を学べる道内唯一の専門学校!投影技術や空間演出、マッピング技術やイベント演出まで、映像クリエイターとして必要なすべての技術を学ぶことができます。様々なデザイン技術、表現手法や空間演出を学び、世の中に驚きと感動を届けよう!

TOPICS

あらゆる業界で求められるデザイン技術

デザインスキル、CG技術は生活やビジネスに欠かせない存在になっており、ゲーム業界をはじめ、映画、アニメといった映像分野はもちろん、最近ではスマートフォン向けのゲーム・アプリ開発、またVRなどの先端技術でもデザイナーの需要が高まっています。

目指す仕事・分野

  • CGデザイナー
  • CGクリエイター
  • DTPデザイナー
  • プロジェクションマッピングクリエイター

目指す資格

  • 基本情報技術者試験(国家資格)
  • 応用情報技術者試験(国家資格)
  • ITパスポート試験(国家資格)
  • マルチメディア検定
  • CGクリエイター検定
  • Photoshop®クリエイター能力検定試験
  • Webデザイナー検定

在校生が教える 「進路の選び方」

あなたはなぜハイテクへ?

高校生必見!

在校生(1年生)に インタビュー!

学科の先生がYouTubeで生配信!

ITメディア学科 YouTubeライブスマブラ好きの学校選びって?

ITメディア学科 YouTubeライブHey!Tech 業界最先端がわかる特別授業!

YouTubeライブをもっと見る

NEW2022年内定者速報!

ITメディア

株式会社コンセプト

北海道千歳北陽高等学校

ITメディア

株式会社サイクロンゼロ

北海道根室高等学校

ITメディア

株式会社アウトソーシング

苫小牧高等商業学校

POINT専攻の特徴

最新技術を教える若き講師陣!

若い発想力を持つ講師陣から実践的なデザインや動画編集などのスキルやセンスを学びます。電子書籍の魅力と可能性を生み出すクリエイター・エディターを目指します。

POINT

アビアンザ(株)、アーデント(株)と教育連携を締結

アバター制作やグラフィック制作、ソーシャルゲーム企画・開発などを行うabianzza株式会社、アーデント株式会社と教育連携を締結しました。より実践的なIT教育とITを活用した地域の活性化を推進していきます。

POINT

一般財団法人日本プロジェクションマッピング協会と連携!

ハイテクは一般財団法人日本プロジェクションマッピング協会の法人会員です。業界の動向を常に授業に取り入れます。

POINT

映像制作からイベント運営まで、すべてをハイテクで学ぶ!

プロジェクションマッピングを仕事にするには、映像制作や投影の技術はもちろん、音楽や空間演出、マッピング技術も必要です。ハイテクではその全てを学びます。

POINT

最新機器を導入!実習室リニューアル!

2017年4月に実習室をリニューアル!最新のプロジェクターを導入しています。もちろんPCにはプロジェクションマッピングに必要なソフトが揃っています。

POINT

卒業生就職率

100%

本校の求人数 2,629名

2022年4月

資格取得実績

100%

マルチメディア検定

<最新の就職先>

(株)RCS、(株)インフォメーションクリエーティブ、(株)ヴァックスラボ、(株)エイチ・アイ・ディー、カチシステムプロダクツ(株)、(株)関越ソフトウェア、(株)サンウェル、(株)シンプルスタイル、(株)テクノラボ、(株)日本テクノス、(株)日本プレースメントセンター、(株)ネットワールド、(株)パブリックリレーションズ、(株)ヒューボ、(株)ライクネス 他

コンテストへのチャレンジ

挑戦することの大切さを養い自信をつける

DJIの正規代理店HELICAM株式会社主催の「Moving Movie Contest」に、在校生2名とITメディア学科の講師が参加。学生2名はコンテスト初出品でありながらも経験者も参加している中で見事「2位」に入賞! ITメディア学科では、現役のクリエイターから学ぶ映像授業も行っており、「自信が無いから参加しないのではなく、参加して自信をつけてもらう」事を大切に、様々なコンテストや目の前のチャンスに挑戦して経験値を得ることを大切にした授業を展開しています。

産学・企業連携プロジェクト

地域や企業と連携して実践の中で学ぶ!

恵庭市にある「北海道文教大学」様の学園祭でプロジェクションマッピング作品を上映!制作会社にも協力いただき、学園祭を華々しく飾りました。

毎日約7万人が通行している札幌駅前地下歩行空間「チ・カ・ホ」で、在校生が制作したプロジェクションマッピング作品を発表!

「全日本プロレス」と連携し、選手のポスターを作成!企画デザインから制作までを行いました。

制作者:
ITメディア学科 デザイン・CG専攻
本田正宗さん(北海道千歳北陽高校出身)

CHECK

CLASS主な授業

デザイン基礎

デザインは映像制作でのテロップや資料制作などにも必須になってきました。この授業では「illustrator」を使いデザインを学びます。レイアウトや配色やテキストの扱い方をポスター制作、フライヤー制作を通じて養います。

画像編集基礎−デッサン−

画像編集基礎の授業では、画像編集・加工のソフトウェアである「Photoshop」を学習します。PC画面上での編集の他に、この授業では簡単なデッサンの講義があり、画面の中だけでは理解しにくい立体の表現方法をこの授業で培います。

動画撮影・編集

PremiereProを使った動画編集を学ぶ他、知識として技術を学ぶだけではなく、様々な角度から考えながら編集や撮影を行うことでクリエイティブな思考とクリエイターとしての心得を学びます。

空間演出

空間演出に必要な音響、照明などを含むイベントプランニングについての知識・技術を学びます。

プロジェクションマッピング

プロジェクション技術に必要な複数のアプリケーションソフトを利用し、操作方法について学びます。

After Effects

デジタル映像編集の中でも、映像合成やモーション・グラフィックスなどを学びます。

2019年10月北海道文教大学学園祭にて
プロジェクションマッピングを公開

2017年7月札幌エスタ2F屋外テラスにて
プロジェクションマッピングを公開!

ハイテクだからできる、+αの学び!

9つのIT系専攻を自由に学べる専攻間連携

自分の専攻以外の授業も自由に選択できます。目指す職種や資格、希望の就職先などに合わせて+αのスキルを身につけよう

例えば

デザインだけでなくプログラミングの知識も身につけることで、
クリエイターとしてのスキル、活躍の幅がさらに広がります。

最新の施設・設備で思う存分学べる!FACILITIES

2021年、最新キャンパス完成!

【2021年新設!】スタジオビヨンド

最新の撮影専用機器や動画編集ソフトを完備。オンライン授業の配信や動画作成などを行います。

NEW

いろいろなIT機器

ITの学習に必要となるPCとしてWindowsやMacを数多く擁していますが、それ以外の周辺機器として、スキャナやカメラ、プリンタ、タブレットなど様々なIT機器を用意して学習に役立てています。

Windows Room:ウィンドウズルーム

Windows7 PCの実習室です。基礎的なソフトウェア学習を行います。

Mac Room:マックルーム

Mac専用教室です。iMacほかMacBook Pro MacBook Airなどクリエイター系の授業で使用します。

Work Room:ワークルーム

Windows10 PCの実習室です。プログラミング言語、Adobe系ソフトウェアほか、多くのソフトウェアをインストール済み。
プロジェクションマッピングや総合演習、卒業制作など多目的に利用する実習室です。

Game Room:ゲームルーム

道内唯一eスポーツが学べる本格実習室。ゲームプレイだけではなく、ゲーム実況や解説も学べる機材も導入。

CTR:コンピュータ トレーニングルーム

全学生がPC実習を行う大型実習室。100名規模での授業ができます。

バーチャルヒューマン

AI業界最前線「クーガー(株)」と連携してバーチャルヒューマンサービスを開発!学校の受付でもバーチャルヒューマン「レイチェル」がお出迎えします。

HUBラウンジ

グループミーティングや自習、休憩時間など自由に使うことができる学生ラウンジ。オシャレで快適に過ごせる環境です!

HUBラウンジ

ホワイトボードやパーティション等も自由使うことができ、グループワークやミーティング時の利用にも便利!快適な空間でアイデアを生み出そう!

VOICE講師VOICE

映像をつくる楽しさを知ってほしい

映像編集基礎山田 裕一郎先生

撮影・編集の技術はもちろん、映像を作る上での考え方を楽しみながら学んで欲しいです。
[経歴]札幌国際短編映画祭2018では北海道監督賞を受賞、2019年からはYahoo!クリエイターズとしても活動

将来プロとして働くための基盤をつくる

デザイン基礎、映像撮影編集 菊池 有騎先生

物を作る、形にしていくためには時間と情熱を要します。「消費者側」の立場から「生産者側」に考え方をシフトし、ニーズ(必要性)に応える作品制作ができることこそプロであると考えます。僕の授業では「作る」ことを楽しみ、考え方や技術を養い、将来プロとして働く基盤を作っていきます。