AIスマートアグリ学科[3年制]

IT・AIやロボット技術を活用して、省力化や高品質生産を実現する 「スマート農業」がいま注目されています。 「テクノロジー×農業」のオモシロさ、体験しよう!

道内初

テクノロジーで農業が変わる!

未来の農業は、オモシロイ!

  • 7/23(祝)スペシャルイベント 予告MOVIE!

    IT・医療業界で働きたい人が必ず知っておきたいこと

学科の先生がYouTubeで生配信!

AIスマートアグリ学科の先生が教える!学科の魅力(YouTubeライブ 生放送アーカイブ版)

道内初の「スマート農業人材」を養成

農業を取り巻く課題

  • 高齢化
  • 熟練者不足
  • 耕作放棄地
  • 生産性の向上

最先端テクノロジー×農業技術

スマート農業の技術・知識・情報を活用できる人材が必要

ハイテクでは道内初のスマート農業人材を養成

内閣府「次世代農林農林水産業創業技術」では、スマート農業によるSociety5.0の実現を目指している。

学びのポイント

AIスマートアグリ学科

社会人基礎力+スマート技術+農業技術でSociety5.0を創造する!

最先端の現場で学べる、アクティブラーニング型の実践授業最新の設備・機器に触れながら、農業×AIに関する知識、課題解決力を身につけます。

POINT

体験から始まるオモシロイ学び!

まずはやってみることで興味が連鎖する「ATTM教育システム」

未来の農業では、社会人としての基盤能力がもっとも必要。恵み野アクティブ・ラーニングスタジオ(MALS)等の施設を活用し、自ら考え、自ら実行できる力が身につくオモシロイ授業を展開します。

ATTM教育プログラム

現場体験から始まる興味の連鎖学習により、4つの力を伸ばし自ら学び自ら行動するための教育プログラム。

Action
前に踏み出す力(主体性や実行力)
Thinking
考え抜く力(課題発見や想像力)
Teamwork
チームで働く力(柔軟性や発信力)
Mind
強い意志(学び続ける意志や行動する意志)
MALS(Megumino Active-Learning Studio)恵み野アクティブ・ラーニングスタジオ

ICTを活用して実践的なアクティブ・ラーニング(AL)や課題解決型学習(PBL)が可能。主体的に学ぶことで社会人としての基盤能力やチームマネジメント力を身につけます。

POINT

先生は現場にいる!

AI/ICT×農業を実践する最先端の現場の先生が指導

農業の最前線で活躍する先生に、農業で直接教えてもらう実習を実施。現場を体験することで、すぐに役立つ実践力が身につきます。

道央農業ICT研究会 数井農場 数井 崇弘さん

すべての人に食べ物が行き届く世界を実現するために

世界的な食糧不足が懸念される現在、少ない人員での経営規模拡大を可能にするスマート農業は必須となっています。 私が所属している道央農業ICT研究会では、江別・北広島・恵庭・千歳の農業者を中心に全国からメンバーが集まり、ICT(情報通信技術)の農業利用をテーマとする活動を行っています。 すべての人が安心して食べ物を手に入れられる社会にするため、より多くの人の協力を必要としています。

POINT

道内初!自治体からも期待大

スマート農業で、人手不足の解消、日本産業の発展にも貢献できる!

高齢化、熟練者の不足など、農業における課題は深刻化しており、農業の担い手が減っている現在、作業を軽減し生産性を向上できるスマート農業は、自治体やJAから大きな期待を集めています。

CHECK学費サポート制度も充実!
跡取り減免制度

対象

同一家族が農業を営んでいる方

初年度学費

10万円減免

農業高校減免制度

対象

農業高校もしくは農業科を有する高校からの入学者

初年度
授業料

半額(30万円)減免

時間割例

AIスマートアグリ学科

19:10~10:50 ドローン
オペレーション実習
地理情報測位
システム演習
科学の基礎 AI基本スキル演習 Society5.0の世界
211:00~12:30 6次産業化実習 栽培演習
313:30~15:00 センシング技術 栽培演習 ICT/IoT演習
415:10~16:40 MALS MALS 農業の科学 MALS
ドローンオペレーション実習
PICK UP
ピックアップ授業

農業用ドローンの活用法だけではなく、機械の仕組み、制御機構、センサーなどの技術とテクノロジーを学びます。

6次産業化実習
PICK UP
ピックアップ授業

農業(1次産業)+加工(2次産業)+流通・販売(3次産業)を一体化しIoTを活用することで付加価値をつける、新たなビジネス手法も学びます。

PROFESSIONAL VOICE業界人の声

企業や組織の「見えない壁」を超える専門知識をもった人材

スマート農業共同体は企業・団体・生産者・消費者が「つながる場」として生まれました。皆さんにも新しい発想で企業や組織の壁を超え、明日の北海道のために力を発揮していただければと思っています。

スマート農業共同体
北濱 宏一さん

発展途上のスマート農業には新しい人たちの力が必要

スマート農業はまだまだ発展途上なので、日々進歩するテクノロジーで何ができるかを考えることが大切です。皆さんのハイテクでの経験は業界にとっても大きな力になると期待しています。

株式会社サングリン太陽園
営業事業本部 ソリューショングループ
仁平 美結さん