EDUCATION × TECHNOLOGY

未来の教室、ぞくぞく準備中。

北海道に授業革命を。

今、世界は激動の時代を迎えています。 価値観、学習方法、創造や共有の方法は劇的に変化しました。 社会環境の変化とともに、社会が求めるスキルも大きく変わりました。 「答えの無い時代」を生き抜くために、 学校で学ぶことにも大きな革新が必要となります。 この時代を歩んでいくためのスキルを身につけるために、 北海道ハイテクでは『新しい学び』を始めます。

北海道ハイテクとMicrosoftが創る 新しい世界の教育のカタチ

社会で活躍するために必要な6つの力。

Society5.0社会を担う人材育成

AIやビッグデータを日常より活用しているデジタルネイティブが歩む先では、創造力、協働し合う力、論議し合う力、好奇心、疑問を逃さない思考性、計算論理的思考など、変化に対応できる能力を身に付けていくことが重要となっていきます。

×TECHNOLOGY

テクノロジーを活用した学習環境

Microsoft社のTeamsを導入

在校生一人ひとりに「Office365 アカウント」を配布。
コミュニケーションツール「Teams」を活用することで、オンライン授業や出欠確認、資料や課題の配布、共有ができます。さらにWordやPowerPointなどの「Microsoft365」も利用できます。

反復学習に活用

授業の前に動画で知識をインプット。対面授業の効果を高めます。

個別対応

チャットや挙手の機能があるので、いつでも先生に質問できます。

録画で復習

授業の動画がアーカイブになるので、いつでも見返して復習できます。

業界VOICE

「経験と勘」に頼っていた旧来の教育方法に、データに基づく根拠を加え、ひとりひとりにとっての最適な学びを実現するデジタル教育が世界中で始まっています。日本でも、文部科学省が「GIGAスクール構想」を掲げ、教育のデジタル化を推進し始めました。 日本マイクロソフト株式会社は、北海道ハイテクをはじめとする滋慶学園グループと提携し、授業のオンライン化を支援していきます。 北海道ハイテクと一緒に、オンラインの特性を活かした教育環境を構築していきますので、生徒のみなさんが「これからの時代に立ち向かう力」を身に付けられることを願っています。

日本マイクロソフト株式会社石山 将さん

Microsoft

記事一覧

STORIES