VISION ハイテク HOKKAIDO HIGH-TECHNOLOGY COLLEGE VISION ハイテク HOKKAIDO HIGH-TECHNOLOGY COLLEGE

義肢装具士

今、世界が注目!
障がい者アスリートを支える
医療の仕事「義肢装具士」とは。

クローズアップ

インタビュー 授業で聞けないリアルな話し 卒業生・在校生に聞いてみよう

義肢装具士

ものづくりと福祉の接点で
仕事する

患者さん一人ひとりにあった義肢や装具を作るのが仕事です。

この製作所での私の仕事は、主にプラスチック製の短下肢装具をつくることです。短下肢装具は、ヒザ下の筋力や機能を補うために装着するもので、病気やケガで脚の衰えた人を助けます。製作所のスタッフが患者さんから採ってきた型をもとに素材を加工して装具にしていくのが、一日の大半の作業です。
当然ながら、患者さん一人ひとりにオーダーメイド。オーダーや一点ものといえば、ふつうは贅沢品ですが、義肢や装具は、なくてはならない必需品です。そこに義肢装具士の仕事の意義を感じます。身につけて長く使うものですから、その人らしい装具にしてもらおうと、素材や色のこだわりを聞いてカスタマイズすることもよくあるんですよ。

きっかけは、ものづくりと福祉の接点となる「義肢装具士」との出会い。

出身の工業高校では建築を勉強していましたが、バリアフリー住宅について学ぶうちに、義肢装具士という職種を知りました。ものづくりと福祉との接点にある仕事で、これは自分に向いていると思いました。大学よりも専門学校を選んだのは、少しでも早く世の中で自分の技能を発揮できるから。義肢装具士も現場で経験値を高めていくことが大切です。その基礎となる知識や技能は、専門学校でしっかり学べたと思います。

自分ならではのワザで満足してもらえるようになりたい。

働き始めてまだ年数の浅いうちに、小児用の短下肢装具を何度も何度も作り直したことがありました。やっと完成した装具を、使用者に喜んでもらい、病院のスタッフにほめてもらった時に「やはり、この職業を選んでよかった」と感じました。装具の製作では大なり小なり課題にぶつかることがありますが、そんな感激を忘れずに、日々の仕事に取り組みたいと思います。
この業界でも将来、ITやAIによって仕事のやり方や求められる能力が変わっていくかもしれません。それでも人間ならではの技能、自分ならではのワザで、使用者に満足してもらえる義肢装具士でありたいですね。

義肢装具士になるなら

義肢装具士になるなら

ハイテク HOKKAIDO HIGH-TECHNOLOGY COLLEGE 学科詳細ページへ
在校生:市川 昌宏さん

在校生が語る市川 昌宏 (函館大学付属有斗高校出身)

海外で活躍する
義肢装具士の姿に憧れて

高3の頃、海外で活躍する義肢装具士をテレビで見て、私も同じ職業で、困った人を助けたいと思いました。進学先に大学よりもハイテクを選んだのは、充実した実践的な授業に魅力を感じたからです。先生方も学生も明るく、アットホームな雰囲気で、この選択は正解でした。自分が製作した義肢や装具で早く人の役に立てるよう、国家試験合格はもちろん、ハイテクも首席で卒業するくらいに、たっぷりと学んでおきたいです。

ハイテクで学ぶ在校生の1日

8:50
登校
登校

学校まで徒歩3分の恵庭ハイムという男子寮で暮らしているので朝はゆっくり準備をして登校します!

9:20
午前授業
午前授業

座学では、学科の先生だけではなく外部からの先生にも解剖・生理・工学・義肢装具の専門知識などを学んでいます。

13:00
お昼休み
お昼休み

お昼はクラスメイトと楽しくランチ!
天気が良い日には外でキャッチボールをしてリフレッシュしています!

13:30
午後授業
午後授業

実習では実際に義肢・装具を製作。先生のお手本をよく見て聞いて、手順や注意点などメモを取るよう心がけています。

17:00
放課後
放課後

帰宅後は友達と遊んだり一緒に勉強をしています!夜は癒される動物の動画を見て23:00頃には就寝!

プロ 本道 伸弘氏のメッセージ

義肢装具士学科 教員

義肢装具士は数ある医療・福祉にかかわる専門職種のうち、製作したものを「形」として残すことができる貴重な職業です。 同時にそれによって、生活が改善できたり、楽しみが増えたりと「形」に残らないものも提供することができます。 責任は大きいですが、やりがいを同時に感じる仕事です。 年数が経つ程にわからない事がわかるようになり、同時に、もっとわからないことも出てくる奥が深い分野です。

ページトップへもどる

OTHER VISIONS