医療データ専攻[3年制]

ITメディア学科

データの分析、活用が医療を支える!

診療情報管理士+ICTのスキルを身につける

これからの医療を支えるデータ分析

近年、医療の質の向上と医院の経営改善のため、医療データの面から医療をサポートする「診療情報管理士」という職業が注目されています。医療データ専攻では、診療情報管理士+ICTのスキルで医療ビッグデータの分析ができる人材の育成を目指します。

医療事務・病院経営に貢献できる人材を目指す人へ!
医療事務学科は、2021年「医療データ専攻」に統合します

医療事務の世界が変わる! 〜新型コロナウイルスとITで病院窓口は無⼈化へ〜

CHECK!

ITの進歩によって、自宅から診察が可能なオンライン診療やロボットによる受付、顔認証付き無人受付など、人の代わりになるシステムが次々と誕生。さらに新型コロナウイルスの感染拡大防止の目的でも、病院窓口の無人化が加速しています。

オンライン診断

ロボット受付

顔認証付き無人受付システム

今後ますます重要視されるのが、BIG DATAたくさんのデータをあつかえる人財が求められています。

ITメディア学科医療データ専攻教員 佐々木 謙一

データ分析AIITも学べる!

ハイテク・・・・で学べば業界注目のBIツールを誰でも使いこなせる!

データ分析

BIG DATAを操る!

BIツール = ビッグデータ分析のための最新システム。現在、医療業界に限らず、あらゆる業界でBIツールの活用が進んでいます。ハイテクでは最先端の知識を学べるように、東京から特別な講師を招いて講義を行っています。

AI

これからの社会を支える人工知能

AI(人工知能)は医療業界でも、医師だけに頼らない画像診断などでの活用が期待されています。ハイテクでは、医療事務だけではなくAIの基礎まで学ぶことができます。

IT

情報処理の国家資格

AI(人工知能)は医療業界でも、医師だけに頼らない画像診断などでの活用が期待されています。ハイテクでは、医療事務だけではなくAIの基礎まで学ぶことができます。

ハイテクだからできる!

医療データ専攻の学びをさらに詳しく

「診療情報管理士」合格率3年連続100%

※全国平均は約50%前後

国立大学法人 北海道大学病院 診療情報管理士 成田 知穂さん 医療事務学科 2016年卒業(北海道 有朋高校出身)

医療事務+データ管理の専門職病院事務系の最高峰資格!

診療情報管理士とは

医療情報を専⾨に管理・分析する専⾨職で、データの⾯から医療に貢献しています。病院内の多くのデータへアクセス可能な権限が与えられ、経営にも貢献できます。

医療×ICTの知識を習得!

目指せる資格・就職はこちら

なぜ、データ分析?

多くの病院が経営の危機。いま医療業界で求められているスキルとは?

日本では、医療機関(公的病院)の約60%が赤字というのが現状です。経営状況の悪化が長期化すると、日本の医療が崩壊しかねません。特に北海道は厳しい状況にあり、改善のため情報の活用が必須となっています。

病院経営の悪化が
長期化すると・・・

データが医療を救う!「ビッグデータ」を活用できる人材の重要性

日本の医療が復活するためのカギは、病院ビッグデータとICT(情報通信技術)です。
電子カルテの普及で膨大なデータが蓄積されていますが、ほとんど活用できていません。
この資産を活用するために今、情報のスペシャリストが求められています。

学科の先生がYouTubeで生配信!

ITメディア学科の先生が教える学科の魅力!(YouTubeライブ 生放送アーカイブ版)

【Youtubeライブ第2弾】デザイナー・ドローン・eスポーツ関連の仕事に就きたい人へ

この専攻で学べること

BI+診療情報で治療が変わる!「最先端データ分析」を学ぶ

医療業界で求められる「ビッグデータ×ICT」の知識、スキルを基礎からじっくり学ぶ3年間。
医療情報を可視化するためのBI(ビジネスインテリジェンス)ツール、そしてAIについても、実践的な授業の中で着実にスキルを身につけます。

BIビジネスインテリジェンスツール

大量に集めたデータを効率よく分析するため、専用のツールを使用。クリックひとつでかんたんに大量のデータを瞬時に思うように可視化してくれる。

AI人工知能

AIとは、認識、推論、判断などの高度な知的作業をコンピューターに行わせること。AIの基礎を学ぶことで今後の医療画像診断支援システムをサポートする。

最先端BIツール「Qlik」

Qlik製品は全世界50000社以上、国内1500社以上で利用されている最先端のBI(Business Intelligence)ツールです。

Qlik社による世界各国のデータリテラシー(データを読み解き、データを使って説明したり議論する能力)の調査結果では、データリテラシーと企業業績には相関関係があることが証明されています。 企業競争力を上げていくためには、従業員のデータリテラシー強化は必要不可欠であり、そのために利用できるBIツールがQlik Senseです。 皆さんにとってQlik製品の学習は自身のデータリテラシーを高め、今後データ活用を行う際の大きな助けになると考えております。

「Qlik Luminary」とは?

Qlik Technologies(本社:米国ペンシルベニア州、以下クリックテック社)は、同社製品である「Qlik Sense」「QlikView」を導入している100ヵ国48,000社のユーザー企業、ならびに1,700社を超えるパートナー企業の中から、革新的な活躍をしたエバンジェリストを『Qlik Luminary(クリック・ルミナリー)』として毎年選出しています。Qlik Luminaryは、ビジネスでのすぐれた功績や傑出したリーダーシップ、BI分野におけるイノベーターや専門家としての活動などが認められて選出されます。

株式会社アシスト
東日本技術本部 情報基盤技術統括部 技術2部
課長/Qlik Luminary
岡部 遼 様

PROFESSIONAL VOICE業界人の声

情報を可視化できるBIツールが注目されています。

BIツールとは、ビジネスインテリジェンスツールの略で蓄積された大量のデータを分析できるツールです。近年、医療界も情報化が進み、病院経営の分析、業務効率化、患者様へのサービス向上を図るために情報の分析が求められ、BIツールが注目されています。当院でも情報を可視化出来るBIツールを利用しています。

医療法人 王子総合病院
診療録管理センター 副センター長
久保 博文さん

ハイテクだからできる産学連携。在学中から「リアルデータ」で学べる

30年以上に渡り多くの卒業生を業界に輩出してきたハイテクだから、医療機関や一般企業、大学とのネットワークも豊富。多くの業界、企業と連携することにより、在学中からリアルなデータに触れながら学ぶことができます。

医療機関実習で、診療情報管理士としての医療分析の実践力を身につける。

企業と連携した経営改善課題解決授業。データ分析以外に経営も実践を通して学ぶ。

大学生と一緒にグループで医療政策や医療マーケティングなどを学ぶ。

目指せる資格・就職

診療情報管理士、医療事務のほか、医療×ICTのさまざまな資格取得を目指します。

目指せる資格
医療データ専攻で目指せる資格
診療情報管理士とは?
医療情報提供と病院経営の両面をサポートする専門職

医学知識と医療情報のデータ収集・分析・加工を武器に効果的な医療情報提供と病院経営の両面をサポート。病院内でトップクラスのデータアクセス権限を持ち、ICTスキルをマスターする職種としてベストマッチ。

道内No.1の合格実績

診療情報管理士試験

合格率3年連続

100%

目指せる仕事・就職先
病院・医療機関
  • 診療情報管理士
  • 院内システムエンジニア
  • 医療事務
医療関連企業
  • 医療系コンサルタント
  • 医療機器メーカー
  • ヘルスケアIT企業