「視える」を支える
技術と心が、一生ものになる。

職業実践専門課程

視能訓練士学科

ホーム > 学科紹介 > 視能訓練士

卒業生就職率

100

2016年3月卒業生実績

求人件数 122件
求人数 166名

【主な就職先】

  • ・大塚眼科病院
  • ・市立札幌病院
  • ・環状通り眼科
  • ・札幌かとう眼科
  • ・北広島おぎの眼科
  • ・大橋眼科

国家資格合格率

100

2016年3月卒業生実績

合格者 24名
受験者 24名

【目指す取得資格】

1年次から総合試験などでそれぞれの実力を確認したうえで3年次から本格的な対策をスタート。手厚いサポートで高い合格率を達成しています。また、就職に役立つ医事コンピュータ技能検定3級の取得も目指しています。

資料請求

特長1

1,381時間の学びと
900時間の学外実習で
国家試験合格率100%。

国家試験の合格は大前提。そのために1年次から合計1,381時間※の専門的学習に加え、10回の模擬試験や国家試験対策講座を実施。知識と技術の両方を修得するために徹底的にサポートします。
※基礎科目と実習を除いた時間数

特長2

道内で活躍する卒業生たちが
臨床実習をサポート。

道内で活躍している視能訓練士の約90%がハイテク出身です。しかも長く業界で活躍している「ロングキャリア」を実現しています。病院と連携した実習が多く、3年次には長期実習も行われますが、実習先にはハイテク卒業生がいて、誠意ある指導をしてくれます。

特長3

卒業後も充実したフォローで
ロングキャリアを支える。

視能訓練士として活躍している卒業生たちは、同窓会活動を通じて情報交換を行い、お互いに技術を高めあっています。多くの視能訓練士を輩出してきたハイテクならではのネットワークです。また、学校によるキャリア支援もあり、卒業後も一人ひとりをバックアップします。

カリキュラム | 3年制

1年次

医療の基礎知識を多くの実習を通して学びます

年間実習時間 136時間
解剖学・生理学/解剖学・生理学実習/病理学概論/公衆衛生学/視覚生理学/生命倫理学/視器の解剖学・生理学/両眼視機能総論・各論/斜視・弱視総論 など

2年次

多くの専門的な学内実習を行い3年次の臨地実習の準備を行います

年間実習時間 262時間
人間発達学/小児病学/精神保健/薬理学/関係法規/リハビリテーション総論(手引き)/リハビリテーション各論(手話・点字)/小児眼科学/斜視・弱視の検査・診断 など

3年次

3年次のまとめとして約4カ月の臨地実習にのぞみます

年間実習時間 504時間
生理光学演習/視機能の検査・診断演習/ロービジョン総論・各論/基礎視能矯正学演習/視能矯正学演習/視能矯正学実習/病院臨地実習/国家試験対策講座 など

主な臨地実習先

視能訓練士学科の臨地実習は多くの医療機関の協力のもと、教員による事前事後学習、実習巡回など学生の成長を
あらゆる角度から支援しています。

保育園(一年次)

盲導犬協会(一年次)

介護老人ホーム(三年次)

施設・設備

ホゲホゲ学科の講師

  • 氏 名先生

    【担当科目】
    食品開発実習など

  • 氏 名先生

    【担当科目】
    食品開発実習など

  • 氏 名先生

    【担当科目】
    食品開発実習など