MENU
バイオテクノロジー学科

食品・医薬品専攻

3年制

製造・検査の技術者になる!

学びを生かしてしっかり就職を目指す!食品メーカーを中心に活躍できる商品開発や分析、医薬品の開発・分析・製造分野で活躍できるスキルを学びます。

目指す資格

  • 乙種第4種危険物取扱者(国家資格)
  • 一般毒物劇物取扱者(国家資格)
  • 中級バイオ技術者認定試験
  • 上級バイオ技術者認定試験
  • 実験動物2級技術者

目指す仕事

  • 食品メーカー
  • 酒造メーカー
  • ワイナリー
  • 製薬会社
  • 化粧品メーカー
  • 医薬品安全性検査機関 などバイオテクニシャンとして活躍

専攻の特長

授業の40%以上が「実験」!

業界ですぐに通じる技術を身につけるため、全授業時間に占める実験(実習)の割合は40%を超えます。一般的な理系大学よりも、その割合は高く、バイオ業界で求められる、「すぐに通用する実験技術」を3年間で確実に身につけることが可能です。

国内最大級の研究機関で学ぶ!

日本で初めて「国立研究開発法人産業技術総合研究所」と連携し、外部研修を受けることができます。高度な研究に触れることができ、技術者としてのモチベーションが高まります。一連の研究に関わることで身につく実験技術をはじめ、現場での実践力が培われます。

産業技術総合研究所

新しい学び方
「チャレンジカリキュラム」で
地域や企業と連携して楽しく学ぶ!

恵庭市や地元農家、ベーカリーと連携した「ゆめちからプロジェクト」で商品開発!2016年秋にはJRタワー札幌エスタDominipue Geulinにて在校生が研究してきたパンが商品化し販売されました。

主な授業

商品開発実習

商品開発実習
自分たちが開発した食品が地元を盛り上げる力になる!「商品開発実習」では、地元恵庭の農家の方にご協力頂き、恵庭市特産の小麦粉「ゆめちから」を使ったパン作りを行います。

食品検査実習

食品検査実習
食品の分析方法を学びその技術を習得します。

微生物学実習

微生物学実習
食品検査の基本となる微生物を扱う実験の基礎を身につけます。

実績

就職内定率

 

90.0%

2017年3月卒業生実績

資格取得実績

実験動物2級技術試験合格率

100%

2017年3月卒業生実績

最新の就職先
森永乳業(株)、日糧製パン(株)、石屋製菓(株)、雪印メグミルク(株)、ニプロ(株)、シミックファーマサイエンス(株)、(一財)日本生物科学研究所、(株)ホクドー 他多数

メッセージ

バイオテクノロジー学科 3年生
平山 拓矢さん

自分の実験や研究でまとめたものをプロの方と一緒にカタチにしていくことが、とてもわくわくしました!食べていただいた方からの「おいしい」や「いいね」という言葉がすごくうれしくてやりがいを感じました。

在校生
安達 菜摘美
石屋製菓株式会社(札幌)

在学中特に力を入れたのは「ゆめちからプロジェクト」。恵庭の小麦粉ゆめちからを分析し、特性が活きるパンを開発しました。恵庭市や地域のご協力で商品化でき、多くの方に届けました。販売が前提だったので食品衛生の意識やマーケティングの視点も身についています。将来は自分が考えたお菓子で北海道の魅力をたくさんの人に伝えたいです!

卒業生

授業紹介

ハイテクのミライ

施設紹介

  • 中央実験室
    1年次の基礎実習から2年次以降の応用実習までさまざまな実験を行ないます。
  • 食品加工室・醸造実習室
    主に食品の開発・製造やワイン・日本酒の醸造で使用します。
  • 検査室
    主に食品の衛生検査や成分分析を行います。

講師紹介

日本実験動物技術者協会
北海道支部役員
バイオテクノロジー学科 講師

近藤 和久先生

実験動物の飼育管理や実験技術については、高い専門性が要求されます。通常は入社後実務研修を進めますが、資格を有し基礎スキルがあれば早期に現場へ配属されることになります。企業は実験のプロフェッショナルを求めています。